お客様の体験談を取りまとめました

自分だけでトイレつまりの対応

トイレ掃除をしている時「なぜ自分ばかり」と苛立つ感情とともに定期的に蘇ってくる結婚直後のトラウマ的なトイレトラブルの体験談です。トイレから「ちょっと」と旦那の大きな声が聴こえてきました。何があったのかと駆け付けると「何とかして」と言ってトイレから出て来ました。便器の中を除くと大量のトイレットペーパーが浮き上がっていて茶色いものが底に沈んで見えました。結婚までずっと実家でこんなトイレの水漏れなんて初めてのことだったので泣きたい気持ちでした。旦那は「遅刻しちゃう」と出て行ってしまいました。とりあえず流すと水があふれて床が水浸しになってしまいました。ラバーカップもまだ用意していなくて気が動転しました。スーパーが開店してから買いに行ってトライしましたが増々水が溢れてきて焦りに焦ってお手上げ状態になりました。ネットで検索して業者に来てもらいました。家庭にはないポンプで吸い取ると流れて行きました。それにしても大量のトイレットペーパーで恐ろしくなりました。築年数20年以上のアパートだったので流れも悪かったようですが、何でこんなに流したのか理解できませんでした。本当に悪夢のような思い出です。費用も安かったので、もっと早く来てもらうべきだったと思い出すたびに後悔しています。

トイレつまり!即行で業者に

トイレがつまることはそれまでに何度かありました。しかしそのときは何度も流しているうちに流れてくれていたのでそのときも同じようにやっていれば流れるだろうと考え流すことを繰り返していました。しかし2回、3回、5回、10回と流したのですが一向につまりが解消する気配がありませんでした。段々と面倒くさくなってきた私はトイレを流すペースを短くしていきました。そうするとトイレの便器内にたまっていた水が、つまっているときでも液体自体は徐々に流れ落ちていき水位が下がっていくのですがその水位が下がり切る前に流してしまうようになったのです。そうすると水位が上がっている状態からさらに流すことで便器の水位がかさ増しされたためかトイレの水が便器からあふれ出しました。一回目は1.5リットルくらいのペットボトルの水をトイレの床にこぼしたくらいの感じだったのですが、そこからさらに流した時は一気に水が溢れ出てしまい流れ出た水はトイレの床を飛び出し(もちろんトイレの扉は閉めていましたが床の隙間から漏れ出たのです)廊下をつたってリビングや隣の部屋にまで洪水のように水浸しになったのです。それでどうしようもなくなったため一通り床を掃除したあとに業者さんを呼ぶとその人はまず洗面器に水を汲んできて水位が下がったトイレにその水を流していきました。たったそれだけのことなのですがそれでゴポッとトイレからげっぷをしたような音が出たと思うとその後普通につまりが解消して流れるようになりました。