トイレの流した水がつまったように溢れかけたけど、溜まらずに時間が経過すると、少しずつ流れていくという現象はありませんか? それ、トラブルの今前兆です、早く、対処した方が賢明です。今回はそのように最初だけトイレがつまってしまう原因について解説します。

トイレつまりの前兆

「急にトイレがつまった」とトラブルを連絡するのですが、実はつまりの前兆を見逃していたケースが多いのです。前兆を見逃さなければ、急なトラブルにも柔軟に対処できていたのです。以下に、つまりの前兆となる「トイレの異変」について、紹介します。

水位の上昇

水を流した後、通常より水位が高い場合には注意が必要です。また、水位が高くなっても、時間の経過と共に徐々に下がっていく場合は、「長年使っているから仕方がない」と、軽視しがちな前兆です。しかし、この状態を放置していると、排水管が完全につまってしまうことがあります。

水を流した時に異音

洗浄ハンドルを回すと、通常「ジャー」と水が流れていきますが、トイレがつまる前には「ゴボゴボッ」と、空気の混じった音がします。もう便器内部や排水管のどこかで詰まりの原因が発生しているかもしれません。

水がちょろちょろしか流れない

水位は高くなっていないが、昔より流れが悪いと感じた場合も、つまりの前兆かもしれません。トイレの内部や排水管内に何かがつまっている可能性があります。完全に塞がりきってはいないので、この時点なら薬剤や簡易的なつまり解消作業で、流れを良くできる場合もあります。

時間が経つと水つまりが解消するのはトラブルの前兆かも!

トイレの水が一度詰まってから少しずつ流れ出す原因は、排水管のどこかに異物がつまっていたり、尿石が固まっていたりして流れを悪くしていると考えられます。トイレつまりの原因が目視では確認できず、固形物による詰まりか、さびや尿石が固まったものかを特定できないのが難しいところです。

トイレの排水管のつまりが原因

トイレの排水管のつまりでは、一部が塞がれている状態である可能性が高く、完全には塞がれていないので水の流れが悪くなって、便器から溢れそうになるのです。

トイレットペーパーを流す時
トイレの排水管が一部塞がっていると、トイレットペーパーを流した時にその部分で引っかかってしまい、一時的に完全に塞いだ状態になるのです。その後、水溶性のトイレットペーパーは次第に水に溶けて水の通り道が出来、つまったはずのトイレが流れるようになるのです。

放置すると、完全につまることがある
「少しずつでも流れていればよい」と放っておくと、その後、完全につまってしまうことがあります。そうなってから慌てるよりは、早めに以下の解消方法を試して、トラブルを未然に防ぐことが大切ですね。

予防と対策

トイレつまりの予防
・パイプ洗浄剤の使用:内部に溜まった汚れや尿石などを溶かして流す効果があり、トイレの排水管を塞ぐ原因を取り除けます。ただし、汚れや尿石などには効き目がありますが、物がつまっている場合には効果がありません。例えば、おもちゃや多量のティッシュがつまっていたという事例も多く、つまりが解消しない場合は固形物によるつまりを疑ってみてください。

対策
・こまめに水を流す:トイレを使用時はこまめに水を流すことが勧められます。まとめて、一度に固形物を大量に流すと、トイレがつまりやすくなります。

自力で詰まりを解消

自力で直す時の注意点

ゴム手袋を装着
自身の手を汚さない、衛生管理の面からもしっかりと手をカバーしましょう。マスクもしておく方が良いでしょう。

トイレの水かさに注意
修理にはお湯を足したり、スッポンで水を押し引きするので、水が溢れ出しても良いように雑巾などを用意しておきましょう。

電源プラグを抜く
ウォシュレットのように電気を使う製品を修理する場合は、電源プラグを抜いておきましょう。水がコードを伝わって、感電する可能性があります。尚、電源タップにはビニールを被せて、作業中に飛び散った水が差込口に入り込まないようにしておきましょう。

止水栓を閉める
誤ってレバーを回した時に、便器から水が溢れるトラブルを避けるために、トイレやタンクへの止水栓を閉めておきましょう。修理終了時に、止水栓を開けてください。

いかがでしたか、次回は、身近なものを使ったトイレのつまりの解消方法について、紹介していきます。